スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキ&娘の料理

 昨日は、パパの誕生日でした。
少しだけ子供を預けて、2時間半の限定で急いで教室へ
空きがあったので前日予約して、急遽いってきました。

ずっと子供たちと一緒だったのでなんだか、良い息抜きで満喫しちゃいました

ケーキは、中にフランボワーズをいれた、ホワイトチョコを入れた生クリームを~、上に
またホワイトチョコを~

1

とってもかわいく出来ちゃいました

ピンクとかのかわいい系が好きな私、このケーキは、見かけも私好みなラブリ~さ

パパのというよりも私のケーキになりました。


娘がパパへクッキーとコロッケ、メンチの手料理のプレゼントです

スマイルクッキー
4
計量からすべて娘ひとりでがんばりました。(オーブンだけは私です!まだ小2危ないですからね)

全粒粉、薄力粉、菜種油、メープルシロップ、塩だけの体にも優しいクッキーです。
食感も楽しい、大人でもついつい手が出てしまうクッキーです。
これならなんだか安心してたべちゃいます
お顔もみんな娘らしさが出ていてかわいいですよね

3
あとは、玉葱をみじん切りにして、ひき肉といためつぶしたジャガイモにまぜて
娘と息子で小さい丸にして、娘が全部に粉、卵、パン粉とつけコロッケ完成(油で揚げるのは、私の担当です)

残りを残しておいたひき肉に全部混ぜ、またまんまるに
粉だけつけて肉団子に、残りをまたパン粉などつけてメンチカツに~

ひき肉半パックで3種作りました~お誕生日なのにリーズナブルです!
・・・でも愛情は、いっぱいですよ

出来上がり~(4時間の奮闘です、2人の子供に付き合う私は、大変でした・・・)

私は、毎回大切な人の特別な日は、出来るだけ手作りにしています。
どんな高いものよりも、どんなに形や見かけがいいものよりももらったその人の
記憶により残る気がします。
そして子供ならなおさら、私たちも「あの頃はね~」とか「何歳のときは、こんなの作ったんだよ」
とか思い出話になります。

私自身は、あまり本格的な手作りが苦手な母ですが、昔、パンの冷凍生地のキットで成型だけ
するものだったり、冷凍パイ生地でミートソースだけ手作りしてなかにいれて焼いたり、プリンの素で
作ったり、炊飯器で作るケーキとか、少しでしたが一緒に作ったことをいまでも覚えています。
本当に何回かしかしませんでしたが、今も鮮明に全部記憶しているのです。
きっと私の子供たちも大人になってからも覚えいれくれると信じて・・・。

パパにも良い誕生日になったみたいです

・・・・じつは、私のケーキは、パパの食べたのは、スプーンで1すくいに対し、娘のクッキーは、息子と争い
完食12枚もあったのに・・・・私のケーキは、残って今も冷蔵庫に控えています・・・
娘には、勝てません(私のもとってもおいしかったのにな~とちょっとジェラシーです)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。